日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典

成分・素材名で探す

キーワードが見出し語またはふりがなと一致するサプリメントを表示

五十音で探す

効果が高まるサプリメントの正しい取り方

サプリメントの効果をより引き出すコツがある。まずマルチビタミン・ミネラルを摂取して体調を整え、それに加えて、抗酸化サプリや不調対策サプリを摂取する方法だ。

不眠だからバレリアン、更年期障害だから大豆イソフラボン--と、自分の不調に合わせてサプリメントをのむのが一般的だ。しかし、サプリメントの持つ力を引き出し、より“効果を高める”方法がある。図のように、まずマルチビタミン・ミネラルを摂取して土台を整え、次に抗酸化サプリをとる。さらに、必要に応じて不調対策サプリをとるという3ステップ法だ。

ビタミンやミネラルは協調して働くことが多いため、過不足なくとることが重要。多くの成分を含むマルチビタミン・ミネラルで、ビタミンやミネラルの不足をまず補う。

より積極的に健康状態を底上げしたい人は、マルチビタミン・ミネラルに加えて、コエンザイムQ10(CoQ10)といった抗酸化サプリを摂取するといい。そして、それでも体調が良くならない人、特定の不調がある人は、ハーブサプリなど、不調対策のサプリを加えてみよう。

サプリメントや健康食品摂取時の注意点

サプリメントや健康食品には、確かな効果を期待できるものもある。しかしその一方で、使用時に注意が必要な成分もある。現時点で、厚生労働省が専門家などに対して注意を促している成分とその組み合わせについてまとめた。

漢方薬の基礎知識

漢方薬や生薬を中医学(中国伝統医学)の理論をもとに解説している。より効果的に漢方薬を使用するために、中医学の基本的な考え方を紹介する。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「サプリメント事典」検索サービスは、日経BP社日経ヘルス編『サプリメント事典 第4版』(2011年3月発行)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は日経BP社に帰属します。

◎本サービスについて
・掲載情報は、日経BP社日経ヘルス編集部の取材活動を基にしたものです。
・本文中、不調や病気に効果があるとされる成分や素材は、その効果を保証するものではありません。
・複数の学名がある場合は原則として代表的なものを示しました。
・(財)日本健康・栄養食品協会が規格基準を設けている健康補助食品の説明は、同協会が発行している「健康補助食品 規格基準案集」から抜粋・要約しました。

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.