日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > 甲状腺疾患  > 薬、手術、放射線…「バセドウ病」治療に3つの選択肢  > 2ページ目

甲状腺疾患

薬、手術、放射線…「バセドウ病」治療に3つの選択肢

各治療法のメリット・デメリットを踏まえ、納得のいく選択を

 田村知子=フリーランスエディター

病状やライフスタイルに適した治療法を選択

バセドウ病には、どんな治療法があるのでしょうか。

 バセドウ病は、甲状腺ホルモンが作られ過ぎてしまう「甲状腺機能亢進症」の一つです。そのため、甲状腺機能を抑える治療行います。治療法には内科(薬物)療法、外科療法、放射線療法の3種類があり、病気の状態やライフスタイル、それぞれの治療法のメリット・デメリットなどを考慮して、その人に適した治療法を選択します。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.