日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  >   > 痔を注射で治す「ALTA療法」の実力は?  > 2ページ目

痔を注射で治す「ALTA療法」の実力は?

手術と注射の併用で再発を防ぐ

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

処置が遅れれば治療が困難に

痔核を放っておくと、外に出てきてしまうのですか。

 内痔核が進行すると、内痔核と一緒に粘膜や外痔核がずり落ちてきます。排便時にいきんだときや力をいれたときに、痔核が外に出てしまうのが「脱肛」で、肛門全体が裏返った状態になります。肛門には痛覚がありますので、それが外に飛び出ていることで傷付き、炎症が起きると、強い痛みが生じます。痔核は最初のうちは外に出たり入ったりしますが、そのうちに指で押し込まないと戻らなくなります。ひどくなると排便のたびに出てきて、そのたびに押し込むのに数時間かかる人もいます。さらに進行すると、指で押しても戻らなくなります。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.