日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > 顔面神経麻痺  > 顔が引きつる、意に反して動く…慢性期の後遺症への対処法  > 2ページ目

顔面神経麻痺

顔が引きつる、意に反して動く…慢性期の後遺症への対処法

根気よく治療を続けて悪化を防ぐ

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

ボツリヌス治療とリハビリで悪化を防ぐ

顔面神経麻痺の後遺症が表れた場合、どのような治療を受ければいいでしょうか。

 顔面神経麻痺を発症してから4カ月以降の「慢性期」に、顔面のこわばりや拘縮、けいれん、口を動かそうとすると眼が閉じてしまうといった「病的共同運動」など、様々な表情筋の機能異常が生じてくることがあります。リハビリテーションやボツリヌス治療により、こうした機能異常の悪化を防ぎ、病的な動きを目立たなくすることができます。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り1313文字 / 全文2363文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.