日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 機能性ディスペプシア  > 原因不明の胃の不調「機能性ディスペプシア」とは  > 2ページ目

機能性ディスペプシア

原因不明の胃の不調「機能性ディスペプシア」とは

つらい胃もたれ、みぞおちの痛みの診療が変わる

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

運動異常や知覚過敏など、胃や十二指腸の機能の不具合に着目

「機能性ディスペプシア」とは聞き慣れない病名ですが、どのような病気ですか。

 機能性ディスペプシア(FD)とは、目に見える異常は見つからないけれど、胃もたれや胃痛などの症状が表れる、慢性的な胃の病気です。少し前までは、消化管の病気は潰瘍や腫瘍が発見されなければ、たとえ症状があっても病気として認識されにくい傾向にありました。つまり、検査で異常がないと、「消化不良です。そのうち治ると思いますがとりあえず胃薬を出しておきます」という診療だったのです。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.