日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > 首こり

DOCTOR 首こり

重たい頭を支え続けている首の筋肉は、人間の体の中で一番こりやすい部位といわれている。とりわけ、一番負担がかかるのが、パソコンやスマートフォンを操作するときの「うつむき姿勢」だ。この姿勢により、首の後ろ側の筋肉に、直立時の3倍もの重量負荷がかかり、首の筋肉に異常を来す。これがこりだけでなく、様々な病気の原因となっているという。首こりの原因やそれにより生じる「首こり病」(頸性神経筋症候群)の症状、自分の「首こり度」のチェック方法、首こりを防ぐ体操などについて、首こり治療の第一人者である東京脳神経センター(東京都港区)理事長の松井孝嘉医師に聞いた。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.