日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > 神経痛  > 神経痛の薬、効果は?副作用は?  > 2ページ目

神経痛

神経痛の薬、効果は?副作用は?

治療薬の選択肢が広がり、7割の人に効果が

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

選択肢広がる薬物療法、早ければ1週間で痛みが軽減

神経痛には、どのような薬が使われるのでしょうか。

 神経痛(神経障害性疼痛)の治療薬は、痛みを伝える物質(神経伝達物質)が過剰に放出されるのを防いだり、元々人間の体の中にある痛みを感じにくくする神経系(下降抑制系)の働きを強めたりすることで痛みを抑えます。神経障害性疼痛の薬物療法には、以前から抗うつ薬や抗けいれん薬が使われてきましたが、2010年に神経障害性疼痛治療薬としてプレガバリン(商品名:リリカ)が承認され、治療の選択肢が大きく広がりました。プレガバリンは、2010年6月に「帯状疱疹後神経痛」に対する治療薬として発売され、以降、同年10月に糖尿病神経障害、三叉神経痛も含む「末梢性神経障害性疼痛」に適応が拡大、2012年6月には「線維筋痛症に伴う疼痛」についても使えるようになりました。今では、難治性の神経障害性疼痛の第一選択薬として広く使われています。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.