日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > シミと紫外線

DOCTOR シミと紫外線

年齢とともに増える顔のシミ。一言でシミといっても紫外線が原因でできる「老人性色素斑」のほか、ニキビや虫さされの跡が残ってできる「炎症性色素沈着」、女性ホルモンのバランスが崩れてできる「肝斑(かんぱん)」などがあり、対策はシミのタイプにより異なる。また、紫外線はシミだけでなくシワ、たるみの目立つ「老け顔」の原因にもなり、日焼け止め剤や美白化粧品による日ごろのケアが、5年後、10年後の見た目年齢を大きく左右する。シミ治療や老け顔を防ぐ紫外線対策について、よしき皮膚科クリニック銀座(東京都中央区)院長の吉木伸子医師に聞いた。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.