日経 Gooday

ホーム  > 専門医に聞く  > 水虫

DOCTOR 水虫

蒸し暑くなると気になる足のかゆみ、水虫。白癬(はくせん)菌というカビによる感染症で、一般に足に感染した場合を水虫(足白癬、あしはくせん)といい、爪に感染した場合は爪水虫(爪白癬、つめはくせん)と呼ばれる。日本臨床皮膚科医会が2007年に行った調査によると、爪白癬を含む水虫の患者数は国内で約3000万人。4人に1人が患う身近な病気だ。だが、本人が水虫だと思っていても、皮膚科で調べると3分の1から半分は水虫以外の病気だったという調査結果もあり、自己判断は禁物。水虫の症状や診断について、水虫治療のエキスパートである仲皮フ科クリニック(埼玉県川越市)院長の仲弥(なか わたる)医師に聞いた。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.