日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > 不眠症  > 認知行動療法で「眠れる生活」を取り戻す  > 2ページ目

不眠症

認知行動療法で「眠れる生活」を取り戻す

誤った生活習慣と思考パターンを改め、不眠症を根本から治す

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

ぐっすり眠れる睡眠パターンを身につけ、眠りへの不安を解消

認知行動療法は、どういう人が対象ですか。効果はありますか。

 不眠に対する認知行動療法は、睡眠薬の副作用が出やすい人や薬物療法が効かない人に加え、睡眠薬を使用したくないと考えている人や、長期間睡眠薬を飲んでいて減量・中止したい人にお勧めしています。睡眠薬に頼る従来の睡眠医学的観点だけではなく、睡眠に関する習慣や捉え方を改善することを目的に、医師や臨床心理士がカウンセリングを行い、患者さんが不眠となった原因とその対処法を探ります。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.