日経Gooday TOP  > 専門医に聞く  > 不眠症  > 睡眠薬との上手な付き合い方  > 2ページ目

不眠症

睡眠薬との上手な付き合い方

毎日きちんと服用し、眠れる自信がついたら減量を

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

「薬なしでも眠れる」ことが不眠症治療の最終目標

医療機関で処方される睡眠薬には、どのような種類やタイプがあるのでしょうか。

 一般に処方されている睡眠薬の中で、歴史が古いのは「ベンゾジアゼピン系(ベンゾ系)」で、1960年頃から使われ始めています。1980年代に、より副作用が少なく安全性の高い「非ベンゾジアゼピン系(非ベンゾ系)」が発売され、現在ではこちらが主流となっています。ベンゾ系と非ベンゾ系では、鎮静効果が非ベンゾ系の方が弱いので、精神疾患による不眠症には効かないイメージがありますが、非ベンゾ系の一部の薬剤をうつ病患者に使用したところ、睡眠と精神症状の両方が改善されたというデータもあります。ふらつきなど筋弛緩作用による副作用も非ベンゾ系の方が少ないので、ふらついて転倒すると骨折などを起こしやすい高齢者には非ベンゾ系が適しています。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り2826文字 / 全文3618文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.