日経 Gooday

ホーム  > 専門医に聞く  > 難聴・耳鳴り  > いきなり襲いかかる「突発性難聴」は初期対応が肝心  > 2ページ

難聴・耳鳴り

いきなり襲いかかる「突発性難聴」は初期対応が肝心

「発症から2日以内」の治療開始が聴力回復の鍵

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

異変に気づいたら、一刻も早く病院へ

突発性難聴では、どのような症状が表れるのでしょうか。

 「突発」という名前の通り、何の前触れもなく、あるとき突然、耳が聞こえにくくなります。ほとんどの場合が片側に起こり、耳以外の神経症状はありません。まったく聞こえなくなる状態から、聞こえづらい、耳が詰まる、音が耳の中に響くなど、症状の現れ方は患者さんによってまちまちです。耳鳴りやめまいを伴うこともあります。体調が悪いときやストレス、疲労が重なったときに発症しやすいようです。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.