日経 Gooday

ホーム  > 専門医に聞く  > アトピー性皮膚炎

DOCTOR アトピー性皮膚炎

皮膚に湿疹ができ、激しいかゆみを伴うアトピー性皮膚炎は、アレルギー性鼻炎や気管支喘息、花粉症などと同様に、アレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)を持つ人であれば誰でも発症する可能性がある。以前は乳児期に発症し思春期までに治ることが多かったが、最近では大人になっても症状が続いたり、大人になってからいきなり発症して慢性化したり重症化するケースも増えているという。アトピー性皮膚炎の重症例を数多く治療している、東邦大学大橋病院皮膚科教授の向井秀樹医師に、アトピー性皮膚炎の発症原因や対処法、ステロイド剤の正しい使い方に加え、重症例の治療の切り札となる内服の免疫抑制剤や近く登場する分子標的薬を使った治療法について聞いた。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.