日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 過活動膀胱

DOCTOR 過活動膀胱

排尿トラブルとして最近よく耳にする「過活動(かかつどう)膀胱」。主たる症状は「尿意を感じたときに我慢できない」という膀胱の障害だ。年齢とともに増加し、40歳以上では約1000万人が症状を抱えると推定されている。過活動膀胱の症状・病態や自己チェック法、薬物療法、骨盤底筋体操などの行動療法や磁気刺激療法などの先進的な治療法について、過活動膀胱に詳しい東京大学医学部泌尿器科教授の本間之夫医師に聞いた。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.