日経 Gooday

ホーム  > 専門医に聞く  > 下肢静脈瘤

DOCTOR 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、脚の静脈の弁が壊れて血液が逆流することによって、脚の表面の血管がこぶ状に浮き上がる病気。潜在患者数は1000万人以上と推定されている。すぐに悪化することがないため軽視されてきたが、むくみやだるさが起こり、見た目についてもコンプレックスに感じる人は少なくない。北青山Dクリニック院長の阿保義久医師に下肢静脈瘤の原因や症状、治療の最新事情について聞いた。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.