日経グッデイ

サプリメント事典

ルテイン

 色素成分(カロテノイド)の一種で、ホウレン草などの緑黄色野菜や卵黄、黄色い花の花弁に豊富に含まれる。人間の体では、眼底にある網膜の中心部(黄斑、おうはん)に多く存在する。のむことで、紫外線など、眼球に入ってくる有害な光線を吸収するとともに、活性酸素による網膜の変性を抑制する作用を持つ。加齢黄斑変性症や白内障の予防に効果があるとされ、加齢黄斑変性症への治療効果も報告されている。また、視機能障害の要因となる、網膜のロドプシンの減少を抑制するという動物試験の報告もある。摂取目安量は1日6㎎。ホウレン草60g分に相当する。脂溶性なので、食事と一緒に摂取すると吸収が高まる。