日経グッデイ

サプリメント事典

リコリス

 甘草(かんぞう)の西洋名。マメ科の植物で学名Glycyrrhiza glabra。スペイン甘草ともいう。漢方薬に使用されるものとは別の種類。根および根茎の部分を乾燥させたものは、消炎・解毒作用が知られている。主成分のトリテルペン配糖体は、ショ糖の150倍という強い甘味と、独特の香りがあり、キャンディーなどの甘味料として利用されている。これに1割ほど含まれるグリチルリチンには、副腎皮質ホルモンの産生促進、結合組織の増強による抗アレルギー、抗炎症などの作用が認められる。リコリスのポリフェノール抽出物からグリチルリチンを取り除いた成分であるグラボノイドに、体脂肪減少効果が確認され、サプリメントとして実用化されている。