日経グッデイ

サプリメント事典

酪酸

 短鎖脂肪酸の一種。バターから取り出したため、このように呼ばれるようになった。銀杏のにおいの原因物質。腸の粘膜細胞のエネルギー源になり、ぜん動運動を促したり、がん化した細胞の自殺(アポトーシス)を促して大腸がんを予防するなどの作用がある。腸を健康に保つ上で欠かせない成分で、ヒトの大腸内で、腸内細菌が食物繊維やレジスタントスターチといった難消化性の食品成分が代謝される際に産生される。草食動物の体内でも作られるため、乳製品にも微量に含まれるが、こうした食品を常識的な量で摂取して得られる酪酸の量は、前述の健康効果を発揮するほどではないとされる。食品添加物としては着香剤として使われる。