日経グッデイ

サプリメント事典

4MSK

 サリチル酸誘導体で、資生堂が開発し、2003年に厚生労働省に認可された医薬部外品の美白成分。全成分表示では「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」。メラニン生成にかかわる酵素、チロシナーゼを阻害する効果がある。また、資生堂は、シミの部分では、皮膚の表皮細胞(ケラチノサイト)の角化に対する活性が落ち、角層が通常より多く積み重なりメラニンが過多な状態になっていることを発見。4MSKには、角化異常を正常にする効果もあり、チロシナーゼ阻害活性と併せて、美白する。