日経グッデイ

サプリメント事典

メグスリノキ

 学名Acer nikoense。カエデ科の落葉樹で、日本で古くから民間薬として使われてきた。疲れ目やかすみ目の治療として、樹皮を煎じた液で目を洗ったことからメグスリノキと呼ばれる。樹皮にはカテキンや、フェノール類のロドデンドロールなどが含まれている。煎じ汁を飲むと眼病のほか、肝臓病にも効くとされるが、厳密な臨床試験では確かめられていない。