日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > メグスリノキ

メグスリノキ

めぐすりのき、nikko maple

 学名Acer nikoense。カエデ科の落葉樹で、日本で古くから民間薬として使われてきた。疲れ目やかすみ目の治療として、樹皮を煎じた液で目を洗ったことからメグスリノキと呼ばれる。樹皮にはカテキンや、フェノール類のロドデンドロールなどが含まれている。煎じ汁を飲むと眼病のほか、肝臓病にも効くとされるが、厳密な臨床試験では確かめられていない。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.