日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > マリアアザミ

マリアアザミ

まりああざみ、milk thistle/lady's thistle

 学名Silybum marianum。ヨーロッパに自生するキク科の二年草で、英名はミルクシスル。有効成分は種子に含まれるシリマリンというフラボノイドの一種。損傷を受けた肝臓の細胞を修復し、保護する作用で知られ、ヨーロッパでは、慢性肝炎や肝硬変などの肝臓疾患の治療薬として使われてきた。日本では、二日酔い対策のサプリメント成分として知られる。マリアアザミは肝臓の薬物代謝酵素を阻害するといわれているため、医薬品を併用するときには注意が必要。オオアザミともいう。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.