日経グッデイ

サプリメント事典

マヌカハニー

 マヌカ(学名 Leptospermum scoparium)はニュージーランドで自生しているフトモモ科の低木。この花からとれるハチミツをマヌカハニーと呼ぶ。抗菌作用が強いため、ニュージーランドでは古くから傷に塗って治りを早めたり、口内炎などに使われる。抗ピロリ菌作用もあるとされる。UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)という表示が抗菌力を表し、数が大きいほど抗菌力が強いとされる。ハチミツ同様、1歳未満の子供には乳児ボツリヌス症の可能性があるため、食べさせないこと。