日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > マヌカハニー

マヌカハニー

まぬかはにー、manuka honey

 マヌカ(学名 Leptospermum scoparium)はニュージーランドで自生しているフトモモ科の低木。この花からとれるハチミツをマヌカハニーと呼ぶ。抗菌作用が強いため、ニュージーランドでは古くから傷に塗って治りを早めたり、口内炎などに使われる。抗ピロリ菌作用もあるとされる。UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)という表示が抗菌力を表し、数が大きいほど抗菌力が強いとされる。ハチミツ同様、1歳未満の子供には乳児ボツリヌス症の可能性があるため、食べさせないこと。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.