日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > ベラドンナ

ベラドンナ

べらどんな、belladonna

 学名Atropa belladonna。ナス科の有毒植物で、和名はセイヨウハシリドコロ。汁に瞳孔を開く成分(アトロピン)が含まれており、目に差すと瞳を大きく見せる作用があるため、ベラドンナ(イタリア語で「美しい淑女」という意味)という名前が付いた。ベラドンナの根には、この瞳孔を開く成分のほか、副交感神経の働きを抑え、鼻水、涙を止めるアルカロイドが含まれる。ベラドンナから抽出したアルカロイドは、日本では市販の鼻炎用内服薬や総合感冒薬に配合されている。毒性が強いためベラドンナ自体を自己判断で使うのは危険。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.