日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > ヘスペリジン

ヘスペリジン

へすぺりじん、hesperidin

 ミカンなどかんきつ類の、白皮や薄皮に多く含まれているフラボノイド。血管の機能を高め、毛細血管と末梢組織との間の、水分などのやり取りをコントロールする働きがある。血中コレステロール値を改善する効果のほか、花粉症の症状を抑える作用、末梢の血流改善作用なども確認されている。最初は人間が生きていく上で必須の成分(ビタミン)と考えられたため「ビタミンP」と名付けられたが、厳密にはビタミンでないことがわかり、今はビタミン様成分として扱われている。フラボノイドの中で、血流改善効果のあるヘスペリジン、ルチン、ケルセチンをまとめてビタミンPと呼ぶことが多い。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.