日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > β-カロテン

β-カロテン

べーたかろてん、beta carotene

 ニンジンやブロッコリーなど緑黄色野菜にたくさん含まれている色素。①体内でビタミンAに変化する(プロビタミンAとしての作用)、②活性酸素を除去する(抗酸化作用)――の二つの作用がある。②の結果として動脈硬化を防ぎ、心臓病を予防すると考えられている。熱に強く、油に溶けやすいので、野菜を油で調理すると吸収率が高まる。サプリメントは含有量をIUという単位で表示することもあるが、同じIUと書いてあっても米国式と日本式では異なり、米国式は15㎎=2万5000IU、日本式は15㎎=8333IU。米国式の含有量を3で割れば日本式の含有量に換算できる。β-カロテン単独のものより、α-カロテンやリコピンなど、ほかのカロテノイドも一緒に入ったもののほうが効果が高いようだ。とりすぎると手のひらが黄色くなるが、摂取をやめればすぐ戻る。1日当たりの摂取目安量にβ-カロテンが1620~7200μg含まれている食品には「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められている。β-カロチンともいう。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.