日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > 分岐鎖アミノ酸

分岐鎖アミノ酸

ぶんきさあみのさん、branched chain amino acid

 筋肉組織のたんぱく質であるアクチンとミオシンの主成分のアミノ酸。BCAAと呼ばれる。ロイシン、イソロイシン、バリンの3種のアミノ酸を指し、アミノ酸サプリメントの主要成分だ。筋肉たんぱく質の合成を促進する働きを持ち、それにより筋肉の分解を抑制すると考えられている。また、BCAAをとることで、運動をしなくても筋肉の減りが抑えられたり、体脂肪を減少させることがわかっている。糖質や脂質のように筋肉中でエネルギー源としても使われるため、運動前や運動中にとると持久力を高めることができる。また、筋肉トレーニングの直後にとると、筋肉を早くつけるのに役立つ。バリン:ロイシン:イソロイシンの比率は1:2:1のバランスでとるのが理想的とされ、1回(日)の摂取量の目安はこの組み合わせで2~5g。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.