日経グッデイ

サプリメント事典

プレバイオティクス

 大腸でビフィズス菌などの餌(えさ)になり、その代謝産物である短鎖脂肪酸の作用により善玉菌を増やしたり、悪玉菌の増殖を抑制する働きを持つ成分のこと。主にオリゴ糖、食物繊維などの難消化性の糖類を指す。結果的に善玉菌が増えて便通改善、腸内環境を整える働きを助ける。ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ミルクオリゴ糖(ラクチュロース)などトクホ(特定保健用食品)として許可されているものが多い。