日経グッデイ

サプリメント事典

フォルスコリン

 インド原産のシソ科植物、コレウス・フォルスコリ(学名Coleus forskohlii)の根から抽出した薬用成分。コレウス・フォルスコリの根は、インドでは古くから食用のほか心臓や肺の病気の治療に使われてきた。1970年代に、有効成分のフォルスコリンに心臓病(心不全)や喘息(ぜんそく)の治療効果があることがわかり、ドイツのヘキスト社と日本化薬の共同研究により、フォルスコリンから合成した化合物が、心不全の医薬品として使われるようになった。フォルスコリンは最近では「脂肪を分解して燃えやすくする」作用があるとして、ダイエット食品に配合されている。