日経グッデイ

サプリメント事典

ヒハツ

 学名Piper longum。コショウ科の植物で、インドやインドネシアのジャワ島、マレー半島などに自生するツル性の常緑樹。赤い実を付けるが、未熟な青い実で収穫して干し、粉末化したものが香辛料に、抽出エキスがサプリメントに利用される。独特の辛み成分ピペリンに、エネルギー代謝を上げる作用や、血管を拡張して血流を上げ、冷えを改善する作用がある。また、ヒハツ抽出物をのんで、むくみが改善したというヒト試験の報告もある。香辛料のヒハツは、沖縄では豚肉の臭み消しや、沖縄そばなどの味付けに使われている。ナガコショウ、ロングペッパーとも呼ばれる。

 生薬としては、胃腸を温め、痛みを取る作用があるとされている。「熱性」なので、熱症状があるときには用いない。