日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > ヒハツ

ヒハツ

ひはつ、long pepper

 学名Piper longum。コショウ科の植物で、インドやインドネシアのジャワ島、マレー半島などに自生するツル性の常緑樹。赤い実を付けるが、未熟な青い実で収穫して干し、粉末化したものが香辛料に、抽出エキスがサプリメントに利用される。独特の辛み成分ピペリンに、エネルギー代謝を上げる作用や、血管を拡張して血流を上げ、冷えを改善する作用がある。また、ヒハツ抽出物をのんで、むくみが改善したというヒト試験の報告もある。香辛料のヒハツは、沖縄では豚肉の臭み消しや、沖縄そばなどの味付けに使われている。ナガコショウ、ロングペッパーとも呼ばれる。

 生薬としては、胃腸を温め、痛みを取る作用があるとされている。「熱性」なので、熱症状があるときには用いない。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.