日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > ヒト型ナノセラミド

ヒト型ナノセラミド

ひとがたなのせらみど、human-type nano ceramides

 ヒトの角層細胞間脂質を構成するセラミドと同一の化学構造、立体的な構造を持ち、皮膚の細胞間脂質のラメラ構造形成に有用とされる「ヒト型セラミド」の分子を、平均粒径20nmに凝集した形で安定的に溶液中に分散させたもの。溶解・分散させるための油剤を用いていないので、濃度が高いとされる。富士フイルムが開発し、従来のヒト型セラミドに比べて角層浸透性が約9倍という。細胞間脂質のラメラ構造を直接補修するとみられており、バリア機能の回復力が高いとされる。ヒト型セラミドは溶液中で結晶化しやすいため、一般には油剤に溶解したものを乳化剤を用いて分散させることが多く、配合濃度が低くなるため、角層にほとんど入らないという課題があった。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.