日経グッデイ

サプリメント事典

ビタミンE

 強い抗酸化作用を持つビタミン。油に溶けやすく、体内の油(細胞膜など)の中に溶け込んでその酸化を防ぐ。この作用により動脈硬化を抑え、心臓病や脳卒中を予防すると考えられているが、体質(ハプトグロビンというたんぱく質のタイプ)によっては効果が出にくいこともある。また、抗酸化作用によって血流を改善して、肩凝りや冷え性を解消する効果がある。食品ではアーモンドやクルミなどのナッツ類や胚芽油、卵黄、レタスなどの葉物野菜に多く含まれている。天然にはトコフェロールとトコトリエノールという2種類がある。不足すると貧血を起こしたり、運動機能や神経機能に障害が出ることも。ビタミンCには酸化されて効力を失ったビタミンEをもとの形に戻すリサイクル作用があるので、一緒にとったほうがいい。1日当たりの摂取目安量にビタミンEが2.4~150㎎含まれている食品には「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められている。「日本人の食事摂取基準(2010年版)」ではビタミンEはα-トコフェロール当量のみで換算されている。成人(18歳以上)1人当たりの1日目安量は男性7㎎、女性6.5㎎。授乳婦は3㎎の付加が必要。耐容上限量は男性18~29歳が800㎎、30~49歳が900㎎、50~69歳が850㎎、70歳以上が750㎎、女性18~29歳と70歳以上が650㎎、30~69歳が700㎎。