日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > ビターオレンジ

ビターオレンジ

びたーおれんじ、bitter orange

 学名Citrus aurantium。和名はダイダイ。ドイツでは食欲不振、消化不良の薬として使われる。未熟果の抽出エキスは、脂肪細胞に働きかけて体脂肪の燃焼を促すとし、ダイエットサプリメントに用いられる。有効成分シネフリンは、米国で、人気を集めていたダイエットサプリメント成分、エフェドラの有効成分エフェドリンに類似の成分。エフェドラの販売が禁止されてからは、ビターオレンジが「ポストエフェドラ」として注目された。また、果皮や花から抽出した精油成分は、アロマセラピーに利用される。果皮から抽出した精油は鎮痛、鎮静、血流改善効果がある。副作用として光過敏症を起こす場合がある。花からとれる精油はネロリと呼ばれ、不安感を改善する作用がある。また、葉や小枝からとれる精油はプチグレンと呼ばれる。

 漢方の生薬としては、未熟果を枳実(きじつ)と呼び、成熟果を枳殻(きこく)と呼ぶ。枳殻も枳実と同じような作用を持つが薬効はおだやかである。どちらも「寒性」。消化器の機能を正常化する作用が強いとされ、おなかに熱がこもって起こる便秘や腹痛などに用いられる。枳実は薬効が激しく、体のエネルギーである「気」を消耗させるため、体が弱っているときや妊婦には使用しない。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.