日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > パンガミン酸

パンガミン酸

ぱんがみんさん、pangamic acid

 脂質代謝などにかかわり、細胞の活性化作用があるとされる成分。1951年にアンズの種子から発見された。水溶性で抗酸化力が強く、ビタミンB様の作用を持つためビタミンB15と名付けられたが、生体に欠かせない成分かどうかがはっきりせず、今ではビタミンの仲間には入れず、ビタミン様作用物質との見方が主流。食品ではゴマやパンプキンシード、精製していない穀物などに含まれている。サプリメントのほか、皮膚の新陳代謝を早めるとして、シワ対策化粧品に配合される。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.