日経グッデイ

サプリメント事典

ハトムギ

 学名Coix lacryma-jobi var.ma-yuen。アジア原産のイネ科植物で、国内でも栽培されている。実をお茶や粥(かゆ)にして食用・薬用にする。たんぱく質やビタミンB1、カルシウム、鉄を豊富に含み、食欲増進や利尿にいいとされる。抽出エキスには保湿作用、美白作用があり、化粧品成分として使われている。

 殻をむいた実は薏苡仁(よくいにん)と呼び、生薬として用いる。体の余分な水分を排出する利水(りすい)作用があるため、むくみや下痢などに用いられる。体の熱を取り除く必要があるときには炒らずに用い、消化機能を助け、下痢を止めるときには炒ったものを用いる。なお、炒っていないハトムギは妊婦には用いない。