日経グッデイ

サプリメント事典

ニンニク

 学名Allium sativum。ユリ科の多年草。英名ガーリック。米国では定番サプリメントの一つ。古代エジプト文明の時代から強壮に用いられてきた。有効成分はアリイン、スコルジニン、ビタミンB1など。アリインは切る、擦るといった過程でアリシンという臭い物質に変わる。アリシンはビタミンB1の吸収を促進するほか、抗酸化作用や殺菌、保温、食欲増進などの作用がある。スコルジニンには強壮効果があるほか、血圧を低下させ、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす作用があるともいわれる。ただし、とりすぎは胃を荒らし、腸内の有用な菌を減らすので注意を。生なら1日1かけ程度にとどめたい。サプリメントは、生ニンニク換算で4g程度を。ニンニクの健康食品と薬剤との併用は、薬効に影響を与える可能性があるので、避けた方がいい。