日経グッデイ

サプリメント事典

テオブロミン

 カカオ豆を原料に作られるチョコレートやココアに多く含まれる成分。血管を拡張させて血流量を上げ、体温を上昇させる働きがある。脳内物質のセロトニンに働きかけて、食欲を抑え、リラックスさせる作用もある。また強心作用、腎血管の拡張、尿細管の再吸収抑制などで利尿効果があるとされる。カフェインと同じ仲間だが、中枢興奮作用はカフェインより弱い。