日経グッデイ

サプリメント事典

テアフラビン

 紅茶の色のもととなるポリフェノールの主成分。緑茶のポリフェノール成分であるカテキンが二つ、結合してできた物質。紅茶のポリフェノールはほかにテアルビジンなどもある。紅茶の葉は、緑茶のもとになる葉を自然に発酵させたもの。この発酵の間に、葉自身が持っている酵素の働きで、カテキンからテアフラビンができる。カテキンと同じように抗酸化力が強く、動脈硬化など生活習慣病の予防やシミなど老化の抑制に効果があるとされている。抗菌・抗ウイルス作用も確認されている。