日経グッデイ

サプリメント事典

腸内細菌

 腸管の中に存在する細菌。一種の組織か器官であるかのように叢(フローラ、flora)をなしており、その数は100兆個、300種類で、重量は1㎏にも及ぶといわれている。腸管の中で特に大腸に多くの量が存在する。大腸で腸管上皮細胞の活動を活発にする有機酸などを作り出し、体に有益な菌を善玉菌、発がん物質などを作り出し、体に害を与える菌を悪玉菌という。善玉菌の代表はビフィズス菌、悪玉菌の代表はウェルシュ菌。日和見菌というどちらでもない中間の菌もいる。これまで腸内細菌の分析は排せつされた便の細菌を調べてきたため、小腸よりも、その下流にあり肛門に近い大腸のほうが、腸内細菌の解明が進んでいる。