日経グッデイ

サプリメント事典

タンニン

 様々な植物に含まれる苦み成分。「加水分解性タンニン」と「縮合型タンニン」という、構造が全く異なる2種類の化合物が、どちらもタンニンと呼ばれている。加水分解性タンニンは、双子葉植物だけに含まれているもので、ウルシ科植物に含まれるエラジタンニンや、ゲンノショウコの薬用成分のゲラニインがある。縮合型タンニンは、カテキンが2~3個つながったもの。タンニンには抗酸化作用のほか、たんぱく質を固まらせる作用(収れん作用)があり、生薬では下痢止めに使われる。