日経グッデイ

サプリメント事典

大豆イソフラボン食品

 (財)日本健康・栄養食品協会(略称JHNFA)が安全性などの規格基準を設けている健康補助食品の一つ。マメ科植物であるGlycine max(L.)MERRILLのうち、食用に用いられる種子部分である大豆および、大豆から胚軸部分を分離した大豆胚軸に含まれるイソフラボンを抽出・精製した大豆イソフラボン抽出物を含む食品。大豆イソフラボンを1.0%以上含む「大豆イソフラボン加工食品」と、同0.1%以上1.0%未満の「大豆イソフラボン含有食品」がある。大豆イソフラボンは、ダイズイン、ゲニスチン、グリシチンおよびこれらのマロニル配糖体、アセチル配糖体、サクシニル配糖体およびアグリコンの総称。1日目安量は、大豆イソフラボン(アグリコン)として30㎎以下。