日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > スルフォラファン

スルフォラファン

するふぉらふぁん、sulforaphane

 一般には、体内で解毒酵素を誘導する硫黄化合物、スルフォラファン・イソチオシアネートを指す。ブロッコリーやキャベツ、ダイコン、ワサビといった、アブラナ科の野菜特有の辛みやにおいのもととなる硫黄化合物が、切断や咀しゃく、消化吸収の過程でスルフォラファンに変化する。スルフォラファンは、発がん物質の解毒酵素を活性化する働きや抗酸化作用を持つ。特に、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)では、解毒酵素を活性化する作用が、成長したブロッコリーの20~50倍とされる。ほかに、抗ピロリ菌作用も確認されている。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.