日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > スピルリナ

スピルリナ

すぴるりな、spirulina

 学名Spirulina platensis。スピルリナは藻の一種で、語源はラテン語で“らせん”を意味するspira。葉緑素(クロロフィル)を多く含む。クロロフィルには腸内でダイオキシンに吸着して排出を促す働きがある。スピルリナには、β-カロテンや鉄、カルシウムなどのミネラルが多く、食物繊維も豊富。コレステロールを下げる作用や免疫力をアップする作用も報告されている。動物実験では、肝機能の強化や抗がん作用も確認されている。含まれる栄養素が似ているクロレラと比べ、スピルリナは消化吸収が良く、クロレラにはない色素のフィコシアニンを含む。1日目安量は4~8g。クロロフィルの量で40~300㎎。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.