日経グッデイ

サプリメント事典

食品成分表

 正式名称は五訂増補日本食品標準成分表(2005年)。日本人が日常摂取している食品の含有成分とその量を明らかにした基礎的データ。1950年に初めて公表されて以降、数度の改訂を経て内容が拡充。五訂増補食品標準成分表は、2005年に公表された最新版で、穀類、豆類、野菜類など18カテゴリー、計1878の食品について廃棄率と、可食部100g当たりのエネルギー、水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、灰分、9のミネラル、20のビタミン、5の脂肪酸、コレステロール、水溶性と不溶性の食物繊維の含有量のほか、食塩相当量が示されている。