日経 Gooday

ホーム  > サプリメント事典  > 小柴胡湯

小柴胡湯

しょうさいことう

 

 感染症をこじらせ、寒けと熱感が交互に現れる、胸脇部が張って苦しい、といった症状が現れているときなどに用いる漢方薬。体のエネルギーである「気」をめぐらせる柴胡(さいこ)という生薬を中心に、大棗(たいそう=ナツメ)、人参(にんじん=高麗ニンジン)、甘草(かんぞう)、ショウガなど7種類の生薬から成り立っている。以前、小柴胡湯を慢性肝炎に用い、死亡者が出て問題になったが、本来、小柴胡湯は「気」と「血」が消耗している慢性肝炎の人に用いるべき薬ではないとの考えも。「気」をめぐらせる作用が強い薬なので、服用する際には、東洋医学の専門家による診断の上で用いたい。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.