日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > シナモン

シナモン

しなもん、cinnamon

 学名Cinnamomum verum。ニッキ(肉桂)のこと。樹皮がハーブティーなどに配合される。主成分のシンナミックアルデヒドに、末梢血管の拡張作用があり、手足の血流を改善し、冷えや肩凝りに効くとされる。発汗作用や殺菌作用、健胃・整腸作用もある。血糖値を下げる働きもあるとされている。毛細血管を保護する作用もわかってきた。枝などから抽出した精油もあり、冷えにいいとされる。

 生薬としてはシナモンのカシア種(学名Cinnamomum cassia)などが用いられ、若枝やその樹皮が桂枝(けいし)、幹皮が肉桂(にっけい)または桂皮(けいひ)と呼ばれる。桂枝は「温性」で、発汗作用、冷えを取り痛みを取る散寒止痛(さんかんしつう)作用などが知られている。桂枝湯(けいしとう)や麻黄湯(まおうとう)などのカゼ薬や、月経のトラブルによく用いられる温経湯(うんけいとう)に配合されている。肉桂の性質は「大熱(たいねつ)」で、体を温める原動力である「腎陽(じんよう)」を補う作用や、散寒止痛作用などがある。十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、人参養栄湯(にんじんようえいとう)などに配合されている。熱が高いとき、出血があるときは用いない。妊娠中は桂枝は控えめに、肉桂は原則として使わないほうがいい。食品としてごく少量用いる場合は問題ない。なお、日本では桂枝と肉桂を分けず、幹皮である肉桂を用いることが多い。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「サプリメント事典」検索サービスは、日経BP社日経ヘルス編『サプリメント事典 第4版』(2011年3月発行)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は日経BP社に帰属します。

◎本サービスについて
・掲載情報は、日経BP社日経ヘルス編集部の取材活動を基にしたものです。
・本文中、不調や病気に効果があるとされる成分や素材は、その効果を保証するものではありません。
・複数の学名がある場合は原則として代表的なものを示しました。
・(財)日本健康・栄養食品協会が規格基準を設けている健康補助食品の説明は、同協会が発行している「健康補助食品 規格基準案集」から抜粋・要約しました。

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.