日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > ジアシルグリセロール

ジアシルグリセロール

じあしるぐりせろーる、diacylglycerol

 オリーブ油やサフラワー(ベニバナ)油などの食用油に、わずかに含まれる油脂成分。一般の食用油の主成分であるトリアシルグリセロールは、十二指腸でバラバラに分解されて小腸で吸収されたあと、元の形に再合成されて全身に行き渡る。一方、ジアシルグリセロールは、再合成されずに肝臓へ運ばれるのでエネルギーとして使われやすい。食後の中性脂肪が上昇しにくく、体脂肪として蓄積されにくいのが特徴。ジアシルグリセロールを約80%含む食用油を、花王がトクホ(特定保健用食品)「エコナクッキングオイル」として商品化したが、2009年に発がん性のある物質に変化する可能性のある「グリシドール脂肪酸エステル」が製造時に微量に含まれることがわかり、製造・販売を一時休止している。その際、エコナ関連製品のトクホ許可の失効届けも提出している。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.