日経Gooday TOP  > サプリメント事典  > 酢酸

酢酸

さくさん、acetic acid/ethanotic acid

 酸味と刺激臭を持つ食酢の主成分。市販の食酢には、4~5%の酢酸を含むものが多い。食酢には、高血圧、脂質代謝異常、高血糖を改善する作用がヒト試験で確認されているが、これらの効果の源となる成分が酢酸だ。酢酸を含む飲料が「血圧が高めの方に適する」という内容のトクホ(特定保健用食品)の表示許可を取得している。短鎖脂肪酸の一つで、大腸内を酸性に傾けて善玉菌が増えやすい環境を作るほか、大腸の腸壁から体内に吸収され、主に肝臓や筋肉組織でエネルギー源になる。ヒトの体内で作られる場合は、大腸内の腸内細菌が食物繊維やレジスタントスターチといった難消化性の食品成分を代謝した際に産生される。

 

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.